スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円で買い物 

3月は何かと忙しく、引き継ぎやら資料作りやら、細々したもので時間がとられていきます。

先日、100円ショップのキャンドゥで蓋付きの小物入れがあったので買ってきました。
蓋付きってほこりも気にならないし、つまみが付いているのもポイント高し。陶器のものだとつまみが滑って持ちにくかったりするので。よく手を滑らせる私にとって、割れやすい陶器よりも割れにくいプラスチックや金属系が使いやすいのです。



水周りだと錆びるかもしれないけど、とりあえず下にコースターを敷いておけば台を傷つけることはなさそう。
何入れようかな~。

絵織りの練習 

ずっと、私の先生「おり絵さんの手織り大好き!」のブログでいろいろな絵織りを見ていました。
合同で作品展をやらせていただいたときに、実物も目を近づけて じ~っ と見てきました。

厚紙でいくつか練習してみたけど、自分的には納得いかなかったので、それっきりになっていました。

久しぶりに「そうだ。絵織りやろう!」と思い立って、まず練習、と在庫の糸で織ってみています。
海を織りたかったので、青系の糸を探し出してきました。



ちょうど厚紙がなかったので、「絵織亜ポータブル」で。

20140313-2.jpg


久しぶりにやってみると、あれ?というポイントがいくつも。
これは練習だから図案らしい図案もないままですが、本番用に描いた図案もいろいろ直さなくちゃ。
楽しくて時間の経つのを忘れてしまうのが唯一の困った点かな。

好きな在庫糸で編み 

新しく買わないで在庫の糸を使おう強化月間中。

とても好きな色合いの糸なのですが、細いウールの単糸なので、織りに使うとなると切れやすくちょっと気をつける必要ありな糸。
少しの時間でもできて、途中ですぐに手を止めやすいものと考えて、織りではなく編みで挑戦中です。

編み物は、大物をを完成させたことがないくらい初心者なので、無謀なことを考えずにひたすらダダッと編めるもの、イコール、何かにかけたり敷いたりする系かなーと、とりあえず編み始めの幅だけ決めてあとは満足する長さまで編んでます。レース針でかぎ針編み。途中でさっと手を離せるのがすごくいい感じ。

とりあえず飽きるまで編み進み、そこで完成の予定。糸が細いのでザクザクとは進まないけれど、完成・・・するかな・・・するといいな。



20140302-2.jpg

毛布でぽかぽか猫 

毛布に全身入り込んで暖まっているのを顔部分だけめくったら、少し不機嫌になりながらも目は開けないキジトラ。
この後、「おー、さむさむ」とまた毛布の中へもぐっていきました。

このくらい夜中も寝てくれたらねえ。私も寝不足にならないんだけどね。
なぜ夜中の寒いときに(しかもエアコンもホットカーペットも切っている)起きて、私の枕元で「いますぐにエサを出さないと恨みますよ」という顔をして、私の髪や顔にザックリ爪を入れるのか。
それでもエサが出ないと、家のあらゆるドアを開けて(押入れ、トイレ含む)人間も寝ている部屋を極寒の地にしなければならないのか。
なぜ風呂場や玄関など、声が響く場所で、延々と「ごはんが出ない歌」を歌わなければならないのか。



昼も夜も寝ていいから、とりあえず夜中は騒ぐなー!

発見した手紡ぎのサンプルを縮絨 

部屋の整理をしていたら、紡いだ糸でサンプル用に織ったものが出てきた。
縮絨もしていなかったので、気軽に軽く縮絨してみる。

ああ、画像が回転して直らない。
このfc2ブログでは(他のブログも?)そのままアップすると画像が回転することがあって、画像情報を直せばきちんとなるらしいけど、ちょっとその手間が面倒なので、そのまま回転してる画像のままです。)

あまり画像では変化が出なかった。
実際は、ほどほどにいい感じにふわふわになりました。でも、ちょっと縮絨が足りないか失敗だったか、かもしれない。もうちょっとふわふわにしたほうがいいのかな。
羊毛の種類は、手触り的にロムニーでもメリノでもないので多分シェットランド。そのメモすら紛失した整理整頓の出来ない自分です。。。

手紡ぎは完全に本やネットで調べたもので独学しただけで、何キロ紡いでも上手くなったか全く自信がないのですが、自宅用の玄関マットを織ったりしたので、それで一度満足してその後はあまり手を付けていなかった。
羊毛も少し整理してしまったけど、まだまだたんまり残っているので、小さいサンプルからいろいろ試して楽しんでみようと思います。

縮絨前


縮絨後
20140226-3.jpg


縮絨前
20140226-2.jpg

縮絨後
20140226-4.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。